『お茶会』の定義について

『お茶会』の定義。本来は招く側に〝旬の茶葉〟や〝良い茶葉〟が手に入り、仲間内に振る舞うことが茶会の理由。招かれた側は、お茶を際立たせることが前提で〝茶菓子〟や〝ランクの低い茶葉〟を持って茶会に参加するのが儀礼。そしてお茶に関して、談義や雑談するのが定義である、近代ではママさんたちの井戸端会議の意味として使用される。まぁ、お茶さえ飲んでれば間違いではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です