ギンナンについて

ギンコウ………和名は銀杏である。ギンナン(実)は栄養価が高く、味のインパクトも強い。対して、イチョウ(葉)はどうだろう?イチョウ茶はボケ防止、記憶力UP、いわゆる脳障害の改善効果があると言われている。日本で一番頭の良い大学は東大。その東大のお茶は「銀杏」を使用した、https://utcc.u-tokyo.ac.jp/products/detail.php?product_id=6024銀杏より脳障害(痴呆や認知症)の予防や改善に効果があると言われているのが、シデリティスだ。俗称、マウンテンハーブと言われているハーブだ。1000m以上の高地で育つ植物ゆえ、マウンテンの異名を取る。高地でしか育たたない………なんだかそれだけで効果がありそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です