フレーバーティーについて

レモンティーやアップルティー、マスカットティーは〝紅茶〟の定番のイメージがあるが、紅茶ではなく「紅茶 + 香料」の【フレーバーティー】だ。もちろんアールグレイもフレーバーだ。香料次第でどんなフレーバーにも化ける。日本ではシャンパンフレーバーがウケている。個人的には「シャンパン飲めば…」だが、紅茶の裾野が広がるならウェルカムだ!フレーバーティーで四季をフックにすると………春 → チェリー、さくら夏 → マンゴー、パイナップル秋 → 洋梨、マロン冬 → バニラ、チョコレート紅茶は1種、添加する香料次第でワクワクする気はする。もちろん香りに対して「合う合わない」があるが、ルピシアの得意手法だとも思う。これもプロフェッショナルだし、添加物否定もプロフェッショナルだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です